ハンカチに関する情報が満載!

ファッションアイテムとしてのハンカチの選び方について

ハンカチは濡れた手を拭き取るために用いる携帯用の布で、用途の性質上、吸水性に富んでいる生地で作られているのが特徴です。
また、ファッションアイテムとしての側面も併せ持っていることからデザインが多彩で、服装に合わせた一品を持つことが社会的なマナーとされています。
贈り物としての人気も高く、有名ブランドの高級品を持つことがステータスとされるケースもあります。
ハンカチを選ぶ際は服装や使用する状況を考慮して慎重に判断することが大切です。
ハンカチの中にはファッション性を向上させるために刺繍やアクセサリーなどが付随している物もありますが、状況によっては使用が相応しくないこともあるので注意が必要です。
所持する場合はシワが無く、清潔な状態であることが最も重要なので保管には気を配るように心がけます。
特に家庭で洗濯を行う場合は乾燥させた後に必ずアイロンをかけてシワを伸ばし、見栄えを良くすることが重要なポイントです。
衛生管理の面から近年では生地に抗菌加工が施されている製品も市販されているので、それぞれの状況で最適な一枚を選んで使用します。
使用しない場合は生地の劣化を防ぐために日光を避け、埃を被らないように引き出しや小物入れなどに収納することで長持ちさせることが出来ます。

ラクなハンカチのシワ追放

アイロンいらずの最もカンタンなハンカチの干し方が、洗濯したハンカチを窓ガラスにピッタリ張りつけるという昔ながらの方法です。
この方法だと乾いたらすぐに落ちて、しかも、きれいにシワが伸びています。
しかし、何枚も洗濯したときには、ちょっと大変です。
そこでおススメなのが、たたんでから干すというテクニックです。
まず、濡れたままのハンカチをキレイに四つ折りにたたんでから、手でたたいて、しわを伸ばすようにします。
それをたたんだまま、洗濯バサミでピンと張った状態で干すようにするのです。
この方法を使うようにすると、乾いたらそのまましまうことができるというのも、ラクでうれしいところです。
また、何枚かきれい広げて重ねてしまって、まとめて一気にアイロンがけをしてしまうという方法もあります。
紳士ものや厚手の綿なら3枚、女性用の薄いものなら4枚ぐらいは大丈夫です。
最初にキチンと重ねておくようにすることが、きれいにアイロンをかけるコツになります。
1枚1枚アイロンがけをするのはとても面倒ですが、この方法は、はるかにカンタンですから、お気に入りの小物を大切に扱うことができるようになります。
また、まとめてかけることで節電にもなります。

Valuable information

最終更新日:2018/7/26